電話占いで守護霊対話って可能なの?鑑定でわかること

電話占いの守護霊対話

守護霊対話占いとは

守護霊はその人を守っている霊的な存在です。よく聞かれているのが先祖の霊ですが、それ以外にも前世で深い関りがあったものであったり、違う次元に存在している自分自身であったり、それらの存在をサポートしている補助的な霊も含めて、いろいろなものが守ってくれています。
守護霊は時に成長を促すために守護対象に試練を与えますが、怪我をしたけれども軽傷で済んだ、トラブルを起こしてしまったけれども大事にならずに何とかできた、こうした時には守護霊がその人の心身を守ったからであり、基本的には幸せを願っている存在です。
目に見えない、感じ取ることができないものでありながら、常に見守ってくれているこの守護霊とコンタクトを取り、相談者の抱えている悩みを解決する方法を探っていくのが守護霊対話といわれる占いになります。

電話占いの守護霊対話の特徴

電話占いでの守護霊対話は、高い霊能力を有している占い師にしか務まりませんが、電話回線を通して相談者と繋がり、その魂にアクセスをすることで守護霊との交信が可能です。また、現実の世界にしか目を向けられず、耳を傾けられない相談者と守護霊が対話するためのサポートも請け負っています。
守護霊は常に守護者を愛し、語り掛けていますが、それを物理的な音として感知することができません。それを聞き取れる占い師が話している内容を代わりに伝える役割を果たしてくれるのです。
電話占いで守護霊対話をする手段は占い師によっても差がありますが、道具は使わずに静かなでリラックスし、目を瞑って守護霊への感謝を行い、知りたいことを質問して返答を代弁してもらう、という形が一般的です。

電話占いの守護霊対話で占えること

守護霊はその人の過去から現在、そして未来を熟知しています。大切な守護対象を幸せに導くために未来を予知し、恋愛や仕事で抱えている問題に対してその人がより良い選択ができるように、そのヒントをくれる存在です。
何かしらトラブルが起こることを予期していれば、ちゃんと警鐘を鳴らしてくれます。気をつけるべきことを尋ねてておけば、今後生活する中で回避をしたり、何か起こってもダメージを軽減することが可能です。
また、守護霊対話ではその人を取り巻いている環境や縁をある程度コントロールすることができます。新しい出会いも環境の変化も、守護霊がきっかけを作り縁を結び付けているからです。好きな人と近づきたい時には守護霊にサポートをお願いしたり、やりたいことがある時には応援をしてもらえるように頼むこともできます。