電話占いの数秘術ではどんなことがわかるのか

電話占いの数秘術

数秘術占いとは

生年月日もしくは名前の画数など、数秘術は数字にフォーカスした占術です。生年月日や名前の画数をバラバラにして一桁になるまで足し続けるなど、数字に特化しているのが数秘術のおもしろいところです。

仮に生年月日が1993年9月25日生まれの人は、1+9+9+3+9+2+5=38になります。さらに3+8=11、1+1=2で最終的な数字は2になります。この数字は一般的に誕生数と呼ばれ、その人がどんな命運を背負っているか、そして潜在的な資質や性格がわかるといわれています。占いの中で数字はミステリアスな力を持つとされていますし、少しおもしろい占いをしたいと思っている人に人気の占術です。また比較的気軽に占ってもらえるのが数秘術の魅力です。

 

電話占いの数秘術の特徴

電話占いで数秘術が用いられる場合、やはり生年月日と名前を伝えると占いの精度が高くなります。生年月日を計算して誕生数を算出したり名前の画数を調べたりすることで、相談者の潜在的な部分を明らかにできます。

また電話占いの場合は、数秘術と他の占術を併用して総合的に鑑定するケースもあります。たとえば数秘術と関連性が深い姓名判断と併用すれば、より精度の高い鑑定に期待できるのは想像に難くありません。電話占いの占い師の中にはどちらも得意とするタイプが多いですから、占い師を選ぶ時の参考にするといいでしょう。

誕生数は自分でも計算できますが、占いにくわしい占い師に鑑定してもらったほうが理解を深められます。自分のことをよく知りたい人におすすめの占いです。

 

電話占いの数秘術で占えること

電話占いの数秘術は、たとえば相談者の1年がいったいどういう年になるのかを占えます。順風満帆なのか試練が待っているのか、あるいは良い出会いがあるのかなど、数秘術は1年を占うのに適している占いです。

また今立ちはだかっている壁にどんな意味があるのか、そのタイミングで行動したほうがいいのか静観したほうがいいのかなど、次にどんな行動を起こしたらいいのかも占ってもらえます。悩んでいる時はどんな判断を下せばいいのかよくわからないものですが、それゆえに数秘術が参考になるのは間違いありません。逆境に陥っている時など、どうすればいいのかわからなくなった時におすすめの占いです。総合的に占ってもらえるのが、数秘術の魅力です。